遺言書のトラブル

私達誰しもが、人生に「最期」と言うものがあることを知っていますが、それが早くきて欲しいなどとは思っていません。
誰しも最期の時を悲しみ、それが自分に近しい存在であればあるほど、その悲しみは大きくなるでしょう。
もちろん、それに対して楽観的な見方を持っている方もいれば、悲観的な見方を持っている方もおられますので、『死ぬ』ことに関する価値観は、人それぞれである、ということができます。
しかしどちらにしても、その瞬間を迎えることが、自分のことであっても、または他人のことであっても、悲しいときであることに違いはありません。
私達はできるだけその故人が望んでいたことを、後世に残していきたい、と思うでしょう。
自分の親族や家族、親しい友人が無くなった場合には、特に強く、そう感じることでしょう。
さて、そのように既に亡くなった人が生前に残していたメッセージ…いわゆる言づてのようなものを、『遺言書』といいます。
実際にそこに掻かれているのはそこまで簡単なことではありませんし、もし家族の誰かが亡くなった場合、遺言書があるなら、基本的にその亡くなった人の意思を尊重する、という意味でも、それが果たされるべき、と言えます。

もしそれがスムーズに果たされるのであれば良いのですが、ときにそれは大きなトラブルの原因になり得ます。
特に、遺産などお金のことが絡んでくると、親族同士でトラブルになることは珍しくありません。
そのような時、どうすれば良いのでしょうか。



~特選外部サイト~
トラブルを回避するための遺言書の作成について解説しています > 遺言書の作成